蛇口の水漏れなどの一般的な対処

水のトラブルでよくあるのが蛇口からの水漏れです。蛇口を締めてもぽたぽたと水滴が落ちてきたり、蛇口付近のつなぎ目から水漏れが治まらないなどです。このような場合であっても自己対処ができる人は多くはありません。簡易な水道修理を行うにも道具が必要です。道具がない場合や、一度も水道管のつなぎ目などを締めたことがない人は無理をせず業者を呼んでください。その際の業者は自治体指定業者を選ぶと安心です。安易な工事だからとコストだけを見て選んでしまってあとで再び修理が必要になっては時間もお金もムダにしてしまいます。

■簡単で自己対処できるもの

DIYなどを趣味にしている人などにとって蛇口などからの水漏れ程度の修理は簡単かもしれません。水道管のつなぎ目からの水漏れはその部分を増し締めすることで治まることがあります。パイプレンチなどの工具を使って締めてみてください。ただし、力任せの締めすぎはねじ山を傷つけてしまって逆効果になる恐れがあるので注意が必要です。
蛇口を締めてもしっかり水が止まらない場合は中のパッキンの劣化が考えられます。蛇口を外して確認する必要がありますが、この時、水道の元栓を締めるのを忘れないようにしましょう。そうしないと蛇口を外したとたんに水が噴き出してきます。蛇口が外れたらゴム製のリングのようなものが見つけられるはずです。ぱっと見では劣化しているのか分かりづらいかもしれません。同じものをホームセンターなどで購入し交換することで大概、水漏れは治まります。もし治まらなければ別の原因がありますので水道の修理業者に依頼します。

■水漏れではない場合

蛇口付近がよく濡れていたり、水道管の周りが湿っていたりして水漏れを疑う場合がありますが、その中にはときどき水漏れではない場合があります。その代表例が結露です。水道水の低い温度で冷まされた金属製の水道管に暖かい湿気の多い空気が触れると結露が起きます。水周りのある場所は他の場所に比べ特に湿気の多い場所ですので結露が起きやすい環境です。太平洋側の冬は乾燥していますが、日本海側の冬は湿度が高めです。そのため冬の冷たい水道水で冷やされた金属製の水道管には結露が付きやすくなっています。特に古い住宅では断熱措置をされていないむき出しの配管が少なくありません。
まずは結露対策をしてみて様子を見てください。小まめに換気を行ったり除湿器を使ってみるのもいいでしょう。また、水道管自体に断熱処置をするのも効果があります。水道管に手軽に巻き付ける断熱材がホームセンターなどで手に入ります。

■まとめ
水のトラブルには対処が簡易なものから複雑なものまであります。浅い経験や自己判断は禁物ですので、知識のない方は修理業者へ依頼しましょう。簡易な処置で修理できるものに関しては、DIYなどの経験値が高くしっかりとした判断ができる方なら自己対処してみてもいいでしょう。ただし、すぐに解決できないときは深追いせずに業者を呼んでください。その場しのぎの対処で終わってしまうと結局あとで修理になることがよくあるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ